ダニエルは21日間の祈りへの応答として、「真理の書」(10章21節)に記されていることを知らされました。その預言が、11章と12章に記されています。「いま、私は、あなたに真理を示す。見よ、なお3人の王がペルシャに起こり、第4の者は、ほかのだれよりも、はるかに富む者となる。・・・」と語られています(2節)。クロス王が死ぬと、その子のカンビュセス(紀元前529年―522年)が王となった。次にスメルディス(紀元前522年―521年)、次いで、ダリヨス・ヒュスタスペス(紀元前521年―485年)、そして、4番目がクセルクセス(別名、アハシュエロス)王であった(2節)。3節の「一人の勇敢な王」とはアレクサンドロス大王のことを指しています。アレクサンドロス大王が33歳の若さで病死してしまうと、大王の死後、息子が生れたが、権力闘争の結果、母子ともに殺されてしまい、4人の将軍が帝国を分割して、エジプトのプトレマイオス家、シリヤのセレウコス家、マケドニヤのアンティオコノス家、小アジアのフィレタエルス家の4つに別れてしまいました(4節)。5節~20節は、南の王と北の王との争いです。5節の「南の王」とは、エジプトのプトレマイオス1世です(紀元前323年―285年)。「その将軍のひとり」とは、セレウコスです。彼はプトレマイオス1世の士官でしたが、シリヤ王となり、アレクサンドロス大王の後継者のなかで最も大きな権力をもつようになります(5節)。最初エジプトの支配下に置かれていたイスラエルも後にはセレウコスが支配するようになり、かつてのアレクサンドロス大王の領土の約7割を支配するまでになります。何年かの後、エジプトとシリヤの争いに疲れた両国は、互いに同盟を結び、エジプトの王プトレマイオス2世は、娘ベルニケをアンティオコス2世に嫁がせました。アンティオコス2世にはすでに妻のラオディケと二人の王子がいましたが、この王子を王位につかせないことを条件にした政略結婚でした。しかし、2年後にプトレマイオス2世が死んだので、アンティオコス2世は再び、ラオディケを妻としました。ラオディケは夫を殺し、殺戮が続きました。「しかし、この女の根から一つの芽が起こって」(7節)と記されているように、ベルニケの弟プトレマイオス・ユーエルゲテースが父王プトレマイオスに代わって王となりました。彼はシリヤを攻撃して勝利し、ベルニケの恨みを晴らしました。彼はこの時、北の国シリヤから多くの財宝を持ち返りました(8節)。しかし、北の王アンティオコス2世の子のセレウコス・カリニコスが紀元前242年に南の国エジプトへの侵略を試みましたが、失敗して帰国しました。紀元前240年のことです(9節)。セレウコスの二人の息子であるセレウコス3世とアンティオコス大王が、大軍を率いて南のガザの城を攻めました(10節)。紀元前218年の頃でした。すると、エジプトの王プトレマイオス・フィロバトールが立ち上がり、シリヤ軍に応戦しました。シリヤ軍は大敗してその大軍はエジプト王の手に渡されました(11節)。エジプトのプトレマイオス王はシリヤ軍を捕虜として連れて行き、この勝利が彼を高慢にしました。再び、エジプトがイスラエルの地への支配権を得ました。彼が死に、息子のプトレマイオス5世が4歳で王位につくと北のシリヤの王アンティオコス3世がこれを好機ととらえて、再び、エジプトを攻撃しました。紀元前205年のことです(13節)。アンティオコス3世は、さらにマケドニヤのフィリッポス王と同盟を結び、エジプトからの独立を夢見るイスラエル人の一部を巻き込んで、エジプトを攻撃しました。しかし、この夢は失敗しました(14節)。一方、プトレマイオス5世は、エジプトの将軍スコパスによって大軍をもってシリヤと戦い、イスラエルの地の奪還をはかりましたが、シリヤ軍に敗れてシドンに逃れました。シリヤ軍は紀元前198年、シドンを陥落させました(15節)シリヤはさらにイスラエルの地を攻略しました(16節)。アンティオコス3世は、エジプトを自分の支配の中に完全に得ようとして、娘のクレオパトラをエジプト王プトレマイオス5世に嫁がせました。しかし、クレオパトラは父に背き、夫の味方になり、アンティオコス3世の政略は失敗しました(17節)。そこで、シリヤのアンティオコス3世は地中海の島々を占領しました(18節)。ローマは、「ひとりの首領」ルキウス・スキピオを立ち向かわせ、シリヤ軍を打ち破りました。アンティオコス3世はシリヤに帰りましたが、ローマから多額の賠償金を課せられ、国民の反感をかって殺されました(19節)。「彼に代わってひとりの人が起こる」とは、アンティオコス3世に代わったセレウコス4世(紀元前187年―175年)のことです。彼はローマに賠償を払わなければならず、財源となる税をとりたてるために、イスラエル(パレスチナ地方)に大臣を派遣しました。この大臣ヘリオドルスによって、セレウコス4世は暗殺されました(20節)。21節―35節は、アンティオコス・エピファネスについて預言されています。「彼に代わってひとりの卑劣な者が起こる」(21節)とは、セレウコス4世に代わってシリヤの王となったアンティオコス・エピファネスのことを指しています。セレウコス4世の子が王位をつぐことに反対して、正当な王位継承者ではなかったにもかかわらず。「巧言を使って」王位を自分のものとしました。ダニエルは、アンティオコス・エピファネスについて、詳しく記していますが、これは終末にあらわれる反キリストの予表としての意味をもっていたからと考えられます。アンティオコス・エピファネスは紀元前175年から164年まで、11年間王でした。彼は王位につくことに反対して押し寄せてきた洪水のような大軍を一掃しました(22節)。エルサレムの大祭司オニアス3世を退けて、自分に都合のよいヤソンを立てて、神殿の中においてさえ、主なる神を冒涜する行為を行わせました。しかし、それは『時が来るまでの事である』と記されているように、神の時が満ちるまでの事です(24節)。彼は大軍勢を率いて南の王プトレマイオス・フィロメトールに立ち向かいました。そして、南の王もまた大軍勢を率いてこれと戦いました(25節)。しかし、エジプト王は部下の裏切りによって敗北しました(26節)。アンティオコス・エピファネスは自分をエジプトの王とも名乗りました。しかし、エジプトもシリヤに徹底抗戦する構えを示したので、アンティオコス・エピファネスはエジプトの王フィロメトールと講話を結びました(27節)。エジプトの王の部下の裏切りで勝利を得ることが出来た第2回エジプト攻略のとき、アンティオコス・エピファネスは多くの財宝を略奪しましたが、エジプトの反撃が強まるにつれて、エジプト攻略を断念して、その多くの財宝を携えてシリヤへの帰途につきました(28節)。その途中でエピファネスは、エルサレムでの反乱のニュースを知り、エルサレムへ向かい、エルサレムを制圧して、財宝を略奪し、多くのユダヤ人を殺戮して、帰国しました(28節)。その後、エピファネスは再び、エジプト遠征を試みましたが、うまくいきませんでした。それはキティムのローマ海軍がそれを阻止したからです(29節、30節)。エピファネスは、大敗の帰途、腹いせに、エルサレムの神の民を迫害し、神殿を汚し、供え物を取り除き、豚を供え物として捧げ、さらに、エルサレムのギリシャ化に取り組みました(31節)。エピファネスは、律法に従わないユダヤ人たちを、巧みなことばで堕落させましたが、主に忠実な人たちは堅く立って、信仰を貫きました(32節、33節)。エピファネスは背教者たちを取り立て、ギリシャのゼウスを礼拝させ、ギリシャ的な供え物や儀式を行いました。しかし、多くの背教者が起こるような状況にもかかわらず、神を恐れるものたちは、長い間、剣に掛かり、火に焼かれ、囚われの身となり、略奪され、激しい艱難の中におかれましたが、さらに多くの人々に神のみことばを教えて、信仰に堅く立ちました(33節)。この事件は、紀元前168年に起きたマッカバイオスの反乱への預言と思われます。これは主を愛する祭司マッティアスが神の民が受ける迫害をみて起こした乱でした。多くのユダヤ人は巧みなことばをもってマッカバイオスの側につきました。しかし、このような反乱によって神の民を守ることはできず、定めの時をまつしかないのです(34節、35節)。36節―39節は、エピファネスを型とした終末の反キリストに関する預言です。世界の統治者として現れます。全世界的な規模での統治を行い、あらゆる神々に優って自分を神として位置づけます。彼は「とりで」の神をあがめます。つまり、「軍事力」こそ、彼の神であり、経済力が神のようにあがめられます(38節、39節)。『外国の神の助けによって』(39節)とあるので、反キリストはユダヤ人の中から現れるのではないかと予想されます。彼は外国の神の助けによってエルサレムを取り、反キリストのために功績をあげたものに、反キリストの支配権と領土の一部を分け与えます(39節)。終わりの時に、エジプトを中心とした南の勢力が、反キリストに戦いを交えます。その混乱に乗じて、ロシアなどの北の勢力が、麗しの地(イスラエルの地)まで攻め入ります。(41節)。北の勢力は多くの国を従わせ、エジプトも征服します(42節)。ルブ人(リビヤ)とクシュ人(エチオピア)が北の王と行動を共にします(43節)。しかし、北の勢力が勝利に酔っているときに、東と北(パレスチナの北方のもうひとつの勢力)がイスラエルに向けて軍隊を派遣します。(44節)。北の王は、東と北からの脅威に備えて、地中海とエルサレムの間に本営を置き、備えますが、ついに、彼の終わりが来ます。だれも、彼を助けることは出来ません(45節)。これに関連した預言は、エゼキエル書38章14節―16節に記されています。これによると、「イスラエルが安心して住んでいる時に」、と預言されています。イスラエルが1948年に建国されてから、まだ、和平がなされていません。反キリストが終わりの日に現われ、イスラエルと近隣諸国の和平を成し遂げる時、平和の君として、反キリストはあがめられ、そのとき、不意に、北からの連合軍によるイスラエルへの大規模な侵略が開始されるものと予想されます。なお、忘れてならないことですが、ダニエルが、これらの預言を書きとめたのは、紀元前534年でした。ダニエルが記した神のことばのとおりに、これほどまでに、正確に、歴史上の出来事が成就しているのです。ですから、終末時代における預言も、確実な情報なのです。
清宣教師