御国への 微笑み浮かべ 別れ告げ

夕方6時から、大友むね子姉妹の前夜式が執り行われました。
そのご遺体は、まさに天の御国への希望に満ちて、微笑みを浮かべて別れを告げている姿でした。
肝炎の特効薬の治療を受けて、ぐんぐん、回復してきていることがご家族にも見えたようです。
完全に回復したら、これをしようというビジョンをもっていた矢先のことで、ご家族には突然の別れでした。
しかし、確かに、むね子姉妹の微笑みは、天国を目指している信仰者の微笑みであると思いました。
すべてのことは主の御手のなかにあります。
全き叡智と全き愛に満ちた主のおはからいに間違いはありません。
主に感謝します。