海外の 信仰の友 集まりぬ

この第2回・全アジア創造会議(AACC)は、同じ創造論の土台に立つ人たちの集まりです。
日本においては、ごく少数の割合ですが、こうして、各国から同じ創造論信仰に立つ友が集まっていることは心強いことです。
フィリッピン、インドネシア、モンゴル、香港、・・・・。
今日はとくに、韓国創造科学会(KACR)35周年記念の礼拝もありました。
振り返ると、私は、KACRの25周年記念のセミナーに招待されて、講演したことがありました。
午後からは、キム・ヨンギル先生(シントロピーの著者であり、KACRの初代会長であり、ハンドン大学の初代の会長)、それから、AiGの創立者である スティーヴ・ハム先生の二人の特別講演がありました。
今回は、AACCと同時並行で、創造論の子弟教育に関するセミナーも開かれていました。
AACCは公式の言語が英語で通訳はありませんでした。
しかし、こちらの子弟教育のセミナーは、韓国語での発表であり、日本語の同時通訳がありました。
西多賀教会の方々も、子弟教育のセミナーを中心に、必要に応じて、AACCにも参加しました。
日本からの参加者との交流もありました。
創愛キリスト教会牧師の宮崎先生、水戸の教会の武井先生との交わり、それから、CRJの佐久間さん、高倉さん、…との交わりがありました。
なんといっても、堀越暢治先生ご夫妻、宇佐神実先生との交わりもありました。
それから、孫先生には、大変お世話になりました。
食事やバスや、もろもろのことでお世話になりました。
すべてのこと、主に感謝します。