ショーファーの 心に響く 賛美あり

きょうは、11時からアグローソウル本部での宣教です。
「人間の寿命と死」というテーマでお話ししました。
チェ・ヨンドウ牧師が通訳をしてくださいました。
アグローの建物がありました。
ここでは、週2回くらい集会をしているそうです。
チェ会長が出迎えてくださいました。
賛美が始まると、いずれも、イスラエルの音楽に似ていました。
ショーファーが吹き鳴らされました。
その音を聞くと、心が共鳴します。
雰囲気は、日本のアグローに良く似ておりました。
宣教を終えて、お昼をその場で一緒にすることになっていました。
そこで、交わりの時間となり、2時間近く、交わりました。
わたしの救いの証しや、その後の召しについても証ししました。
やり取りがあり、とても楽しい時間でした。
最後にチェ会長に按手してお祈りしていただくようにお願いしましたら、チームで祈ってくださいました。
きょうはアグローの先輩たちも、ちょうど、参加していたので、一緒に祈ってくださったということでした。
目には見えないですが、とても大きな霊のおみやげをいただきました。
主に感謝します。