この手紙は別名、「喜びの手紙」と呼ばれています。その由来は、「喜び」ということばが、この手紙の中で16回も使われているからです。その喜びの源は、キリスト・イエスの十字架の福音でした。「福音」ということばも、この手紙の中で9回も用いられています。パウロは、悪名高いローマの皇帝ネロの時代に、殉教の死を遂げたと言われています(AD.67年~68年)。そして、このピリピ人への手紙を書いたのは、AD,61年頃と言われています。執筆の場所は、意見が分かれますが、1章13節や4章22節のことばから、ローマの獄中にあった時と思われます。ピリピの教会は、パウロの第2回伝道旅行の際に、パウロの伝道により、紫布の商人であったルデヤ(女性)が救われ、また、看守とその家族が救われ(使徒の働き16章12節―34節)、ヨーロッパ最初の教会として誕生しました(AD.50年頃)。ピリピはローマの植民都市のひとつで、ローマとアジアをつなぐ、交通の要所にありました。この手紙を把握するために、背景となる事柄を記しておきます。獄中にあったパウロのために、ピリピの教会は献金を集めて、エパフロデトに託して、献金をパウロのもとに届けました(4章18節)。ところが、エパフロデトは、献金を届けた後、ローマの地で重い病気にかかりました(2章27節)。そして、エパフロデトが病気から快復したときに、パウロはピリピの教会への感謝の手紙を書いて、エパフロデトに託して、ピリピの教会に送りました。その際、手紙の中で、ピリピ教会の不一致の問題(4章2節、3節)や異端の問題(3章2節、3節、18節、19節)などの解決を願ってアドバイスのことばも書き添えています。それが、このピリピ人への手紙です。

1章1節―2節では、パウロは、当時のローマの手紙の書き方にならって、差出人、受取人、挨拶という順序で、手紙を書いています。なお、自分のことを「キリスト・イエスの使徒」という表現ではなく、「キリスト・イエスのしもべ(奴隷)」という表現をもちいて、主に対する絶対服従の姿勢を伝えています。受取人は、ピリピの教会の「聖徒たち」です。聖徒というのは、聖人とか、完全無欠な人の意味ではなく、キリスト・イエスの血潮によって罪赦された罪人たちのことを指しています。そして、教会のリーダーとして立てられている監督(長老)や執事たちに宛てられたものです。1章3節―8節では、感謝の挨拶を述べています。1章9節―11節では、パウロの祈りを記しています。1章12節―26節では、パウロの入獄とその意味について伝えています。入獄は決してわざわいではなく、福音を伝える機会となっていることを指摘しています。パウロは、毎日交代する番兵たち(ローマ皇帝の親衛隊のメンバーと思われる。1章13節参照)に、福音を語ることが出来、その結果、ローマ皇帝のカイザルの家に属する人たちの中からもキリストを信じる者が起こされたというのです(4章22節参照)。パウロは、「私にとって生きることはキリスト、死ぬことも益です」(1章21節)という生き方をしていました。それで、この手紙の読者に対して、「ただ一つ、キリストの福音にふさわしく生活しなさい。」(1章27節)と明確なことばで命じています。このあとの1章27節~2章18節では、クリスチャンとしての生き方の原理について述べています。福音にふさわしく生活しなさいと命じたパウロは、具体的に、その内容について述べています。それは一致を保つ生き方です。

さて、今日の1章12節において、パウロは投獄という最悪とも思える状況の中で、「かえって福音を前進させることになったのを知ってもらいたい」と述べて、証しをしています。私たちも、いま、新型コロナウィルスの影響で教会は最悪とも思える状況の中にあります。自由に集まり、礼拝する機会も奪われています。しかし、このことがかえって福音を前進させることになると信じて祈りたいと思います。パウロのように「いつも喜びをもって祈り」(4節)、「感謝し」(5節)、「堅く信じる」(6節)歩みをしたいと願います。また、新型コロナウィルスの影響が、「福音の妨げではなく、かえって福音の前進のためになった」という証しがあれば、それを記録しておいて下さい。そして、公同の礼拝が再開された時、それをみなさんと分かち合いましょう。

清宣教師